今回のバヌアツでの旅で最大の目玉
「タンナ島のヤスール山」
です。

何度かふれたように
タンナ島のヤスール山は
「世界で最も火口に近づける活火山」
とされています。

正直すごく不安もあったけど、
(自己責任 免責同意書もサインさせられたし)
とても見てみたかった火山!

タンナ島に着いた初日の夕方(サンセット)と
次の日の朝一(サンライズ)に行きました。
ちなみにサンライズはツリーハウスに泊まっていないと行けないようです。

エントランスに行って入山料を支払い。
その時にチケットをもらうのですが、
これをずっともっていると
もう一回入るときに2回目という証明になり安くなるようです。

でっかーい木がお出迎え!

ヤスール山

タンナ島では当たり前の
道じゃない道を車で突き進み

ヤスール山

車を止めたら
あとは自分の足で登っていくだけです。

ヤスール山

登りきったら日が落ちそうになるまで休憩です。
少し経ったら奥のもう少し山になっているところまで移動します。

ヤスール山

結構上まで来たので見晴らしも良いです。

ヤスール山

まだ、
最終地点まで行ってませんが、
それでも火口はすぐ近くです。

「ドゴーン!」という音とともに
黙々と煙が上がり、衝撃もすごく
真っ赤になった岩も飛び上がるのが少し見えたりします。

正直めっちゃ怖いです。

ヤスール山

そしてまた移動し始めます。

ヤスール山

そして、ビューポイントに到着。

ヤスール山

直接溶岩がうごめいているのはさすがに見えませんが、
「ザバーン、ザバーン」という様な音ともに
煙が上がっておりさっきよりも
はるかに岩が飛んでいるのが見えます。

ヤスール山

撮影は日が落ちたほうが
良いとの事なので落ちるまで待ちます。
待ってる瞬間もすごい音とともに火山活動が行われています。

ヤスール山

そして、
日が落ちたので撮影開始です。
で、撮れた写真がこちらです。

諸注意として、
決して花火ではないですよ!!
地球の生命活動です!!

ヤスール山

ものすごい音ともに
煙と岩が飛び散るんです!

ヤスール山

ヤスール山

ヤスール山

分かっていても
後ずさりしてしまうくらいの衝撃音。

ヤスール山

ヤスール山

ヤスール山

まさに雷と同じです。
ただ違うのは家の中で雷の音を聞いているのとは違う。
直ぐそこで溶岩が活発に動いていて
ガイドがいるとはいえ、安全の保証はない。

ヤスール山

ヤスール山

ヤスール山

この世の終わりって感じがしました。
やっぱ地球って活動しているんだなぁ~って。

ヤスール山

ヤスール山

ヤスール山

普段日本にいたら感じない光景
(鹿児島に住んでいたら別だろうけども)

ヤスール山

ヤスール山

ヤスール山

ヤスール山

ついでに動画も載せておきます。

見えない方はこちらから

で、そんなところにあるポストは
「世界一危険なところにあるポスト」として
ギネスブックに記載されているようです。

ヤスール山

少しの時間放置していただけで
この車が

ヤスール山

こんな感じに大変身するくらいの火山灰

ヤスール山

まじで恐ろしかったです。

もしいく場合は、
ヘッドライトと、
サングラスや顔を覆い隠せるタオルなどが合ったらよいと思います。

日が落ちると暗くて足元見えずらいですし、
一応、風上から見てるのですが、
時々風が変わって火山灰が降ってきたりもするので。

自分は何も持っていなかったので大変でしたw

【費用】
入山費(1回目):3350VT(≒3853円)
入山費(2回目):1675VT(≒1926円)
移動費:1500VT(1725円)×2回
 (YASUR VIEW LODGEから)

(この時の両替レート:1VT≒1.15円)

今回のこのタンナ島でのツアーは
ほとんどこちらのツアーデスクにお願いしました。
日本人の人がいてくれて
日本語が通じ、
しかも丁寧に対応してくれて助かりました^^
バヌアツで唯一の日本人ツアーデスク


人気ブログランキングに参戦しています。
クリックして応援してください。
宜しくお願いします。


【スポンサードリンク】

世界を撮り尽くすカメラ小僧
(I am a camera kid who shoots the world exhaustively.)